2017年7月18日火曜日

【ノヴァ】いま、会いにゆきます。与論島編【#久米島そば】

こんにちは。沖縄のエージェントmaijunです。


昨年から沖縄Resistance与論交流事業担当となりました。


嘘です。。!

さてGoogle+のハッシュタグ久米島そばで参加者各位がレポートを報告しておりますが。詳細はシャチョにおまかせし、今日は与論島の魅力や活動内容を皆様へお伝え致します。

どこにあるの?与論島!

さて与論島と聞いて場所を即答できる方どのくらいいらっしゃるでしょうか?
ここ↓です。


沖縄県の真上にあり伊平屋島とほぼおなじ緯度に存在する島です。しかし都道府県としては鹿児島県所属で沖縄からいちばん近い他府県です。

ちなみにIngressのセルとしては与論島はちょうどAS14-ROME0-01とAS14-ROME0-02の境目が島内にあるので、上手いことすればそれぞれのセルでランキング上位を目指すことが出来る面白い位置にある島です。


与論島への朝は早い。

与論島へは飛行機およびフェリーで渡航できますが、今回私はフェリーに乗って向かいました。フェリーだと朝6時までに那覇港集合ですよ。


お店もまだ閉まっております。
ちなみに那覇港のかりゆしウェア展示即売所は穴場スポットで、かりゆしウェア安いですよ!

時間を潰しながら宿泊する宿へのお土産を購入。
久米島が絡むので久米島の泡盛です。

途中で自分用に燃料投下(でもノンアル)

そうこうしているうちに出発時間となりました。

安全運転でお願いしまーす。

フェリーの中ってどうなってるの?

与論島へのフェリーですが実は今回で二回目です。もう気分はベテランの勢いで「OKOK!OK牧場」とガッツ石松並に余裕かましてました。

そんな沖縄のガッツ石松は途中寄港する本部港に付くまでの間、フェリー内を散策してました。

二等室は雑魚寝ですが指定席。

向かう島ごとに部屋が異なります。

さよなら那覇!さよなら沖縄!

船内には銭湯もありましたが今回は入浴せず。

リクルートしてました。

那覇から本部港に向かうまでの間、散策と同時に与論在住の方がお隣にいたのでお喋りをしながらリクルートしてました。

一緒に記念撮影

与論島の名所などを聞きつつ何故与論に私が向かうのかを力説。

しかしエージェント勧誘は尽く失敗。
与論の大関高安には通用しなかったorz

でも与論絵葉書を頂戴しました。
大関ありがとうございます。

船は宜野湾を過ぎて本部へ


ハイパーいちゃいちゃタイムを楽しむ!

フェリーは最初の寄港地本部港に近づいてきました。

ここ本部港ではある重要人物と合流する手はずでした。
ん?どこにいるかな?

イタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
あの離島王子ですよ!

離島王子と合流です。

二人でノンアルやお菓子を食べながらキャッキャウフフ。

貰った乗船券に「BAFって書いてますよ」「プライスレスって書きましょう!」っていちゃいちゃしてました。

ついでに与論在住AGの方へのお土産を準備

こっこれも同封するんですね!?
与論島在住AGの方は貰って驚かないかな?w


到着与論島!歓迎のウェル亀!

さて沖縄レジスタンスAG二人でいちゃいちゃしているうちに与論島に到着です。
ここで離島王子とはお別れ。帰りにまた遊びましょう!

とことこ歩くと何やら亀を発見。ウェル亀されました。

今回手配した宿は南海荘さんです。

港で待っているとお迎えに来てもらいました。
町の中心部にまで歩くのはちょいと遠いから辛いです。お迎えが助かる〜

ちなみに南海荘さんですが、かなり良かったですね。泊まって大正解。

料理が美味い。
しかも料理の量が多い。

町の中心部にあるので、移動しやすい。
クーラーやテレビなどは無料(よくあるコイン制じゃないです)
無料Wi-Fiあり
近くにはコンビニやレンタカー店がある。
それなのにお安い。

満足度が高いお宿でした。来年もまた泊まろうや。


原付きが与論島では吉?

さて宿でチェックインも終わり荷物をおろした後に島内を散策です。
事前に道を覚えてなければエージェントなるもの、急行活動できませぬ。

宿近くのバイク屋さんで原付きをレンタル。

事前にルートを頭にいれときます。

出発前に腹ごしらえのラーメンいただきまーす。

幹線道路が大きいので車が便利ですが、島内では細かい筋道の奥にポータルもありましたので原付き自転車がいいですね。暗くても明るく照らしてくれますので!


与論島の島内キレイだわ!

以前お伺いしたことある与論島ですが、何度訪れても落ち着いた雰囲気でステキです。

ビーチではSUPを楽しむ観光客。
透明度が高いビーチなので、たぶん飛んでいる感覚になるでしょうね。

沖縄返還記念碑とか見ると沖縄との関係がよく判ります。
ちなみに沖縄返還記念碑はポータルとなってます。
沖縄返還記念碑
intel:https://is.gd/g5d6is

ゲームに出てきそうな牛の彫像もポータルです。
Golden Cow

天の川の停車駅となっているヨロン駅。天の川を鉄道に見立てるってロマンチックですよね。
ヨロン駅
intel: https://is.gd/CRwnDi

途中某ポータルでは与論在住AGの方向けにお土産をデッドドロップ。
宝探しゲーム感でワクワクしますな。

夢が叶う大通りの石碑もポータルでしたよ。
夢叶通り
intel: https://is.gd/mgdsDF

島としては外周が20kmほどなので、一時間以内では回れる程よい大きさ。小さい島なので観光スポット少ないと思うでしょう?

しかし各所にあるビーチの透明度が高いのでそれだけでも行く価値はあります。多分ダイバーなどにはオススメな島じゃないでしょうか?

今回は時間の都合上、与論の絶景スポット百合ヶ浜にいけませんでしたが、次いこうや!

与論島絶景スポット:百合ヶ浜




いよいよ作戦スタート!

charingressにも掲載されていましたが、海の日を前に沖縄は緑に沈んでいました。


今回の私の担当や与論島からのノヴァリンクのみでしたが、この緑のBAFを攻略するため他の島の方々は役割が追加されカウンターの青BAFを生成していました。

もう道が見えない。
たぶんCF数としては13だっけ?元の緑BAFの約三倍のCF数。合計MUは、約1200万と桁外れの獲得量となってました。

しかしこれがメインの作戦ではありませんでした。
メインの作戦はこちらです。


そう!Novaです。
久米島に向けて多数のリンクを発射していくのが今回のメイン作戦です。

夜暗い道を疾走しながら次々とリンク発射。
島にはハブがいないので安心です。(でも霊対策しなかったな〜)

白ポが多かったのでメダルもゲット。
(ってか4年近く遊んでいるのにまだメダルも獲得してなくてレベルもL15ですorz)

途中でごっつあんCF作ってMU獲得をしました。
ごっつあんCFで50万MU。。三回ぐらい沖縄本島を瞬間で埋めてました。

ランキングも上位ゲットです!

最終的には1000本越えの離島ノヴァが完成してました。


緑BAFへの対抗は青三倍BAFだったんですが、charingressさん後程記事修正いただければ幸いですm(__)m

いま、会いにゆきます。

無事に1000本越えの離島ノヴァも完成し一段落したのですが、与論島最大の作戦が残っておりました。

それは与論在住AGへご挨拶です。

一昨年のアバドン沖縄の時にだいぶお世話になり、「いつか会いたい」と願っていたんです。昨年は台風の影響で与論島行きフェリーが欠航となったのですが、今回は無事に会えてとても嬉しかった。

ほんと会いたかったです!


作戦が無くても今年訪問する予定だったので会えて非常に嬉しかった。
(もちろんいろんなお土産を提供ですよ!フフフ。)


ステマな時間

いかがでしたでしょうか?与論島の魅力やingressの楽しみなどが少しでも伝われば幸いです。

ちなみに私は今回念願の与論島在住のAGさんに会えたのが一番の収穫ですが、実は他にも会いたい方は沢山いらっしゃいます。

北海道、福岡、山陰、静岡、新潟、石川、伊豆諸島、大阪、北京、埼玉、兵庫、仙台、京都、大分、グァム、千葉、鹿児島、高知、愛媛、群馬、台湾(台北・台中・台南それぞれ)、東京、ベルリン。。やばい沢山いる!お世話になりっぱなしだ!

リアルな世界が舞台なゲームな分、いろんな人との連携コミュニケーションが肝になるので、作戦とかで連携するとやはりちゃんとお会いしたくなるんですよね。

そういった世界が広がるゲームのingress。ほんとステキだと思います。

ingress(イングレス)に興味を持ったそこのあなた!

このように楽しく活動をしているイングレスを体験してみませんか?
いつでも参加大歓迎です。


以上、与論島の魅力や活動内容のご案内でした。

また行こうっと!

0 件のコメント :

コメントを投稿